◆過去日記ブログまとめ◆

過去日記として書いていたブログを読みやすいように再編集してみました。
以下の目次からご覧ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 |  スポンサー広告

痒みだけは・・・

次男のアレルギーについて、

発症から解毒の途中経過を、ブログで綴ってきました。

(どれだけの酷さだったかは、次男のアレルギーにて)

解毒の最終段階で、体質改善の漢方を調合してもらい

半年が経ちます。

1ヶ月前から、身体全体に潤いのある肌が・・・


それまでは、食事になると痒みが出始め

「掻いて-・掻いて-」

寝る前には、体温が上昇し痒みが出始め

「掻いて-・掻いて-」

夜中になると、決まった時間に痒みが出始め

「掻いて-・掻いてー」


これって・・・

「口癖?」「擦ってないと落ち着かない・・依存?」

それが、違う事だと解ってた。

辛いのは息子だと言うことも解ってた。


でも時には・・・私も疲れてしまって。

「掻く手を、止めても良い?」と聞くことも。


親子で、痒みとの戦いが始まったのが5年前。

「二人で、必ず治そうね」と決めた。


先日、実父から

「掻いて-・掻いて-を、最近聞かんくなったね」と言われて

「そう言えば・・・ほとんど言わないね!!!」

何時から、言わなくなってたんだろうね!!!


へこたれない・諦めないを合言葉に

完治を目指して・・・

あと一歩。
【2007/10/01 16:48 】 |  次男のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

はりきって・・・

今日は、小学生の次男が林間学校に行きましたが

次男は、小学校に入学してからアレルギーが発症。

(次男のアレルギー・ブログにて・・・)


今回の林間学校に、行かせるかどうか1ヶ月前から

判断を迷っていました。


日中は、元気よく過ごせるのですが

夜中になると襲ってくる痒みに、一人で堪えられるのか?


私自身も、小学生の頃アトピーが酷かったんですが

林間学校も修学旅行も行ってるのに

我が子のこととなると、心配の方が先になるんですよね。


最初から諦めることより、挑戦することを教えたいと思いながら・・・


最終的に、自分で結論をだした息子から

「頑張って行ってくるから、大丈夫」

「今日は掻いてって、僕が言わんから、ゆっくり寝てね」と・・・


親が「こうしなさい・ああしなさい」って

言わなくて、いいときもあるんですよね。
【2007/06/08 13:01 】 |  次男のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

飲み始めて・・・

アレルギーのある次男が(ブログ次男のアレルギーにて)

体質改善の為漢方薬を飲み始めて、1ヶ月以上経ちました。

完全に、痒みが治まるまでには、なってないんですが

変化が表れてきたのが、内臓ですね。


漢方薬を飲み始める前には

運動をする割には、食が細かったのですが

最近は、朝・昼・晩と食欲旺盛になりました。


外見的には、変わりがないようですが

内面的には、良い方向に向かっているようです。
【2007/06/04 18:05 】 |  次男のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

熟睡って以外に・・・

来月、林間学校に小学生の次男が行きます。


アレルギーが出ている次男が、林間学校で不安に思っていること。


それは・・・痒みから来る睡眠妨害です。


「自分が寝れないのは、何時ものことだけど、同じ部屋で寝る友達は


ポリポリ・ボリボリ・僕の掻く音で寝れんと思う」と言ってきました。


 


アトピーやアレルギーの人は、寝てても無意識の中で掻いて・掻いて


掻き毟るまで、掻きつづけますからね。


 


「子供だったら、疲れたら熟睡するよ」と、言わたこともありますが


どんなに疲れてる日にも、寝ているときの体温が上昇してくると


何時ものポリポリ・ボリボリが始まるんですよ。


疲れているのと、痒みの元は違うんですよね。


 


親としては、毎晩痒みと戦って寝れない本人が一番辛いことが分かっています。


自分で努力して改善できることと違うから、余計に苦しいんですよね。

【2007/05/24 17:09 】 |  次男のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

一言一言が・・・

次男の体質改善(ブログ次男のアレルギーにて・・・)の


漢方薬を調合してもらうのに、中国の先生と電話で話をする日でした。


次男の体質を知っておられるのですが、変わりがないかを細かく聞いてくださいます。


 


「胃の状態はどうですか?」「食欲はありますか?」 「ゲップがおおいですか?」


「便の状態は?」「元気に遊んでいますか?」


「薬は、苦いです。決められた通りに飲んでいますか?」等々の質問に


 「息子は、痒みがとまるんであればどんな苦い薬も「治る治る」と喜んで飲んでいます。」


「元気よく外で走りまわっていますし、食欲もありますよ」と答えたら大笑い。


 


私自身、アトピーのときに病院には通いました。


でも、先生から聞かれたのは・・・「今回は、この薬に変えときますか?]


とりあえず出される薬を、治ると信じて貰いに行ってましたけど・・・


相手の病気を知る・その病気を改善できるように、心を明るくしてくれるリー先生。


漢方薬が届くのを、息子と楽しみに待っています。


 


 


 


 

【2007/05/21 16:19 】 |  次男のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

ozami

Author:ozami

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。