◆過去日記ブログまとめ◆

過去日記として書いていたブログを読みやすいように再編集してみました。
以下の目次からご覧ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 |  スポンサー広告

生後6ヶ月頃

 私が息子を治療に連れて行った時に
   18歳ぐらいの娘さんを連れてお母さんが来られた。

    にきびがひどく薬をつけたら治るのだけど
 
    ここでは、薬をつけずに治す
               と聞いたので来たと言われた。

    治療をするための条件を、
       私の時と同様に先生から言われていた。

     (薬はやめる、ひどくなっても諦めずに治療する)

    丁度、息子の治療を見られひどいのに驚かれたが
     赤ちゃんでも頑張ってるんだからと、

       娘さんにも頑張るようにその時は言われた。

   いつも同じ時間に、その娘さんと会うようになりましたが、
     日に日に娘さんの顔のにきびも悪化し、
     解毒による汁が溢れるように出ていた。

     自分の顔のひどくなる事に娘さんが耐えられなくなり
     又、その姿にお母さんも耐えられなくなられ、

        結局、来られなくなった。

     暫くして、綺麗になった娘さんを連れてもう一度来られた。

      その時私に、
        「悪いことは言わないから、薬をつけて早く汁を止めた方が
         良いですよ。
         息子さんを、そんなにひどい顔にする事はないですよ。
         同じ親として言わして貰うけど・・・」

            と言われたが

             私は薬で抑える怖さを知ってるから
             今がひどくても、将来的に治ればその方がいいからと

              諦めず、この後も治療に通い続けました。

      私の家族は、ひどくなる息子を見ても
       全く動揺する事なく、普通の子供を見るように接してくれた事で

       私はすごく支えられて乗り切れ、
          現在の綺麗な息子の肌が見れますが、
         
          今でも時々、その娘さんはどうなられたのかと考えると、

         どんな治療法でも、
            本人が治すという強い信念
      
            それを支える家族が強くないと

           どこかで挫折してしまうのが怖いですね。




今日の私
 
 昨夜、中学生の息子が寮から帰省してきました。
 寮に入ってから4日しか経ってないんですが

     この4日が何年にも感じられました。

      会うまで、ドキドキ・・・

 会った瞬間、ちょっぴり大人っぽくなってて嬉しいような寂しいような・・・

  でも1時間後、今までのかわいい息子に戻り

       あー良かった 

      今までと変わってない姿に又嬉しくなり・・・

     親心って複雑で変ですね。

   そして明日は・・・
     また寮に帰らせないといけないので・・・

     待つのは長く、会えば時の経つのが早いこと、早いこと・・・ 


スポンサーサイト
【2006/04/15 23:19 】 |  長男のアトピー  | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


スポンサーサイト生後6ヶ月頃』 へのトラックバック

この記事のトラックバックURLはこちら


プロフィール

ozami

Author:ozami

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。