◆過去日記ブログまとめ◆

過去日記として書いていたブログを読みやすいように再編集してみました。
以下の目次からご覧ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 |  スポンサー広告

少しだけの、つもりだったのに・・・

 次男が小学1年生の時、薬害アレルギーになりました。

中国医学の先生に診て貰い、湿疹がひどかったり、落ち着いたり

の繰り返しでした。
 
 3年生の秋口からは、 それまで以上にひどい肌の状態となりました。

おしりからは、汁がぽたぽたと落ちてくるのです。

「雑菌がつく恐れがあるから一先ず、ステロイド剤のようには

副作用が起こらない軟膏をつけてみよう」
 

と先生から言われました。

「でも、これは漢方薬ではないから、とにかく薄く塗ってね」

とも言われてました。

 初日は、夜中だけ、薄っすらと塗りました。

即効性がある薬ではないので、塗った日から落ち着くというものでは

ありませんでしたが、息子の痒がる姿に耐えれなくなった私は

薄っすら塗ると言う約束を守らず、日に日に塗る量を厚めに塗って

しまいました。

あくまでも、治すために塗るのではなく、

爛れた部分から雑菌が入るのを、防ぐ為につけてる薬を

痒みをとめるためにつけていると思い込んでしまってたんです。

だから厚めに塗っても、

痒みがとれるわけではない事に気づくまでには結構塗ってたかも・・・

「私がしている事って、また息子の身体の中に薬をいれこんで

いるの?」


そう考えたら急に怖くなりましたね。

気づいてから後は、

きちんと先生に言われた通りの薄さでしか薬を使わず

ある程度汁が落ち着いたら塗るのをやめましたね。




 今日の私

「花に水をあげにいっただけなのに、もうやぶ蚊にかまれた」


と母は言いますが、

私は小さい頃から、やぶ蚊にかまれた事がないんです。

嘘のようですが、本当なんです。

小さい頃には、

「アトピーの子の血は美味しくないからやぶ蚊も

わかってるんよ」
 と周りから言われ

私も、それは言えるかもって納得してたんですが、

今もあんまりかまれないのは何故?

まだ美味しくないのか?
        
汗をかかないからよってこないのか?

未だに疑問に感じている私でした・・・

スポンサーサイト
【2006/06/12 20:42 】 |  次男のアレルギー  | コメント(2) | トラックバック(0)

この記事へのコメント

薬害アレルギー・・・・

痒みを止めるための塗り薬すらダメなんですよね。。。。

こう言うときは、どうするんだろう・・・
自分でも、ひたすら耐えるとなると
かなり辛そうですが・・・・・


意外に難しいですね。
-  kokin  さん-
2006-06-12 Mon 21:33 *  URL  * 編集 * PAGE TOP↑

アレルギーを本当に治すとうのは、

難しい事だと思っています。

薬を使って完全に治る人は、いいのですが、

私のように、一時的にしか治らない薬を塗り

続けて大人になり、

結局痒みをとめる薬はなく子供にまで遺伝さ

せてしまって・・・

だから、可哀想でも息子には

薬で抑える事だけは、したくないんですよ。












2006-06-13 Tue 15:57 *  URL  * 編集 * PAGE TOP↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


スポンサーサイト少しだけの、つもりだったのに・・・』 へのトラックバック

この記事のトラックバックURLはこちら


プロフィール

ozami

Author:ozami

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。