◆過去日記ブログまとめ◆

過去日記として書いていたブログを読みやすいように再編集してみました。
以下の目次からご覧ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 |  スポンサー広告

気になる視線

ひどくなかった顔からの解毒

 2週間が、これ程長く感じたことはなかった。

   しかし、
      これで全部の治療が終わったわけではない。


これから一番ひどい場所の解毒が始まる。

  でも、
    顔が治った時の感動があったから
    不安や怖さは消え、治った時の事しか
    考えられなかった。


そんな中でも、ただ一つ気になったのが

  アトピー治療の中で、汁が出ている場所からの
  自分の何とも言えないにおい


これは、アトピーの人もしくは、その近くにいる周りの人にしか
分からないにおい。


  自分は治る為だったら我慢できるけど


   でも、
     治療に通う道で人とすれ違ったり
        バスや電車の中で隣になった人に
           嫌な顔されたらどうしようとか

     実際、電車で立っている時に
        つり革をもっていたら皆が私の手を見て
        汚い手だなぁとか、におうなぁとか


      何か思われているって勝手に思っていた。





今日の私

 そろそろ桜が咲きそうですね。
 
   先週、急に寒くなったから
      今週は、開きませんでしたね。

  来週には、各地でお花見の話題がありそうですね。

   毎年お弁当を持っていき、桜の木の下で食べるのですが、
   今年はいつにしようかな??? 
   

   
スポンサーサイト
【2006/03/31 21:53 】 |  私のアレルギー  | コメント(11) | トラックバック(1)

ついに・・・

  顔の治療に入ってから
     2週間ぐらい経った頃


     目の周りから出ていた汁が止まった。

     腫れぼったくて開けられなかった目が
     はっきり開けられた。

  
  本当に、あの痒みはどこからくるの?
               って感じだよね。


  掻きむしった所が、掻いても、掻いても
      止まる事無く痒くて・・・


  でも、
    治った時には、
        本当にうれしかったですね。


物心ついた頃から手の状態がひどいのは
   見慣れてしまってて
       変に当たり前だったんだけど・・・


 うれしい       
     って、
     単純な表現のようだけど

    それ程、単純な言葉ではなくて
    
     この時の私の感情を

    
       素直に表現してくれた素敵な言葉





 今日の私
  
  昨日の夜遅くに博多から帰ってきました。

  今日は再び冬に逆戻りのような
   強く雨が降ったり、
   風が強かったり
  
    寒い一日でしたね。

  ところで、
    博多に行く楽しみの一つとして
    以前のブログにも書いてたように
    岩盤風呂を体験してみようと
    はりきってた私ですが
       予約が一杯で、入れませんでした。   


      嘘でしょう・・・

      あまりの想定外に、ショック、、、


  OLさんなどが、仕事に行く前に予約を入れておいて
  仕事帰りに行くそうです。

   ちなみに、男性客も多くて
   予約も一杯でしたよ。


ホテルだけではなくて、
色んな場所で
岩盤浴の看板は見かけたんだけど・・


心残りでしたが、
  仕方なく断念しました。  



でも、子供達と楽しく過ごせたから
  
        満足・満足  


【2006/03/30 23:32 】 |  私のアレルギー  | コメント(6) | トラックバック(0)

家族

 もちろん家族も支えてくれた。


 多くの人たちは、アトピーの私の手を見て

    「かわいそう」
    「痛そう」
  
      っていう沢山の同情


   でも、家族は違った。


    普通の健康な子供とかわらなく私に接していた。


   だから、日に日に顔から汁がでてきた姿を見ても
 
    「本当に、この治療でよかったのか?」

    「ひどくなってるけどこのままでいいのか?」

    「かわいそうに・・・」

      などの言葉は一度も言わずに、

   今がしんどくても頑張って乗り切ったときの喜びが大きいよ

      といつも励ましてくれた。


  大変だけど頑張れとか、
    当たり前の励ましは

     返って、

       気分が滅入ってしまうから・・・




 今日の私

  博多滞在中です。

  帰宅したら博多での出来事も書いてみますね^^



【2006/03/29 22:41 】 |  私のアレルギー  | コメント(4) | トラックバック(0)

第一歩

 治るという保証のないアトピーに打ち勝つためには、

   まず、
    強い精神力こそが、
       本当の治療の第一歩と、教えられたと思う。




 今日の私

   今日は家族で博多に来ています。

   詳しくは家に戻って報告しますね^^


 



【2006/03/28 23:05 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

これこそが薬?

私の思いとは異なり
 日に日に顔から汁がでてきて
  目を開けるのも辛くなってきた。

先生の一言

  「言った通りひどくなったでしょう。」

今までの私では、この痒み、痛みには、耐えられない。

  どうして・・・耐えられるの???

       自問自答

私の性格
 自分がやると決めたらとことんやってみるから?
 違う、それだけではない・・・

 
やっぱり、先生の一言一言なんだ


      先生は、
       「悪くなるよ、なったでしょう」
                     と、言い切る。


しかし、
  ひどくなったことには責任をもって対処してくれる。

日に日にひどくなる事が怖いことではなくて、

     ひどくなる事の方が体内から解毒してて
     きれいになっていくからね


               ・・・と

                いつも自信をもっておられた。


アトピーの私には、この先生の自信こそ

 体質改善をする上で、
      よくなる為の特効薬だったのではないかと考える。






 今日の私
  
   明日は、長男の中学校1日入学の日

     息子は、緊張と、楽しみと・・・


    そして、
      終わったら、一路福岡へ


      岩盤風呂が楽しみです。  


    では今日は、これから準備をします。


【2006/03/27 22:44 】 |  私のアレルギー  | コメント(2) | トラックバック(0)

思いもよらぬ

 毎日時間をつくって、治療に通った。


目の周りはだけは、もともと痒みがあったので、
気にならなかった。


しかし、


 治療開始から3日ぐらいたった頃から変化

    顔全体にぽつぽつと湿疹

        痒み・・痒み・・痒み・・

    目の周りは今までの痒さどころではなく

        痒い・・痒い・・痒い




今日の私

 今日の新聞に、
  学校の先生の移動が載っていた。

  長男の担任の先生が転任されるのを知った。

  教員になられて今の学校に着任されて
     初めて6年生を受け持たれた先生でした。


 涙の卒業式

  
  そして、
   子供達と共に先生も新たな出発


    この時期、嬉しい涙と、寂しい涙と
        様々な涙が入り混じる季節ですね。


【2006/03/26 23:38 】 |  私のアレルギー  | コメント(2) | トラックバック(0)

治療 はじまる

解毒の治療をしてもらえることとなるが、
  結婚を、控えていたということで

 まずは、
    一番はじめに顔からの解毒治療に入るといわれた。

ここで私もついつい一言

 「先生、私は顔だけは、小さい頃からでたことないから
  してもらわなくていいですよ」

先生からの言葉

 「そう言ってられるのも今の間だからね。
  私が、治療しだしたら必ずでるからね。
  こんな、顔になるんだったらしないほうがよかった
  って言うくらいひどくなるから、覚悟してね。」


  そう言われても、

     その時の私は、まだ、軽く考えていた。

そして、

  本格的に顔からの解毒治療にはいる。





今日の私
 
今日も天気がよくて、気持ちのいい日

 先週は、主人の方の墓参りに行ったので
 今日は私の実家の方の墓参りに・・・


道中で見かけた光景

  布団干し

 干した後の布団って気持ちいいですよね。
 
  でも、その反面

   今日のように天気のよいこの時期は、
    花粉が飛んでいる確率が高くて、

     後の事を考えると怖くて
      干すのを躊躇されてる方もいらっしゃるんでしょうね。 



【2006/03/25 23:34 】 |  私のアレルギー  | コメント(2) | トラックバック(0)

出会い

 あらゆる治療で疲れていた私に、

    もう一度この治療にかけて見たい

           と思える治療にようやく出合う。


それは、
  以前から書いている薬カット治療


この治療してくださった先生に、何もかもが驚かされる事となる。



私が今まで出会った先生

  悪い場所を自らの手で触ることなく、

   「段々とよくなりますよ、年を追うごとに」

   「今日は、この薬をだしますね」

         と、言って診察終了

          でも、
            どの先生も、とても優しかった。



尋ねた日にカウンセリング

 こちらの話を全て聞いた上で

   「自分は、アトピーのひどい人を完治させたが、
   自分を信じない人には、治療はしない。
   薬も今日からカット
   隠れて塗ったり、勝手な事をしたらすぐに治療はやめる。
   今よりひどくなることも覚悟できるのか?
   家族は、あなたのひどくなるのを見て耐えられるのか?
   よく考えてからきたらどう?」
 


これ程の事をその日のうちに言われるとは
 正直驚きましたが、

    反面
     今までの物言いの優しい先生達とは違うけど
     ここまでの事を言い切った先生を

 私はすぐに、

  この先生なら思ってた通り、私を変えてくれる
 
                   と思えた。

だから、その場で、

 「家族は、私がこの治療をしたいと決めた日から
  応援するといってます」

    と返答

 その日から、治療をしてもらう事となる。

さらに、先生は、ひどい私の手を自らの素手で触って
 
  「薬を大分使ってきてるね、
     皮膚がかたくなってる」 と。

    今まで素手で触って治療してくれる人に
   出会ったことがなかった。


私は、これまでに色々な治療をしてきたが、

   自分が見つけた治療は、この治療が初めて

   これ程までに厳しい事を言う先生も初めて

の事だった。





今日の私
 
今日は小学校の終業式

 次男も、明日からは、春休み

 我が家は、近所の子供達が集まる場所

   全学年の子供達が来て、皆で野球をしています。
     それでも、人数は、知れてますけど・・・

 最近の子はゲームばかりに熱中って、聞きますが

  この辺は、家の前を車も通らず、
   昔の広い広場のままで
    思いっきり外で走りまわってます。

  田舎もいいですよ。

 
【2006/03/24 22:05 】 |  私のアレルギー  | コメント(2) | トラックバック(1)

回想(終わりなき治療)

ステロイド入り軟膏薬を使いながら
 その間、様々な治療にも励んだ。

私が憶えてる治療

 針治療で、血液の流れをよくする

 いつも、胃の辺りをさわったら冷たかったのが、終わったら暖かくなっていた。
  これは、すぐに痒みがとれて効目があるかはわからないが、
  治療中だけは、ぐっすり寝れた。
   (治療院を3回は、変わっている)

 
 薬草入りの赤い軟膏
  
  これは、臭いが嗅いだことのないきつさだった。
    即効性はないが、でも病院の薬と同様で、
     なくなると不安で
       日に日につける量が増えて、なくなるのも早くなりだしたが
       目に見えての回復は、
                なかった。


 柿の葉を煎じて悪いところにつける

  これは、傷口には、とても痛かった。
   汁で、手がベタベタ状態
   包帯を巻いたらくっつく、包帯をとるときに一苦労

    悪い場所につけた途端真っ赤になってひどくなった感じ
    こわくて、続けられなかったけど
  

 アトピーでも大丈夫とされるスキンケア商品

  これは、お風呂で使うものだったけど傷口には痛かった。
   毎日使うものだから、痛みがあるのは辛い。


 海水治療
  
  これも、私は我慢できなかった。
   傷口には、痛さもあり、痒い。
   海水を早く洗い流さないと何時までも痛い。


 温泉治療

  これは、ぬるま湯だと浸みるが、気持ちはよかった。
   でも、
    上がった時につけるものがないと、
    すぐに肌が乾燥して、つっぱってしまう。
  

 自宅での薬草風呂
  
  これは、臭いが非常にきつかった。
  風呂から上がっても臭いがとれなかった。


 よもぎ風呂 
  
  基本的に薬草は、解毒あり、痛みあり
   これも、汁がでて包帯が必要
    
       べたべたで、くっつく
 

 プロテインを服用

  今では、知られていると思うが、
     当時は、こんな粉を毎日飲むなんて
        治ると信じても飲みにくかった。


本当の解毒治療に入る前の19年間


    アトピーによいとされる治療をしてきたが、
      私が挑戦してみた治療法は、

          私には合わなかった。

  
  もしかしたら、薬草治療に関しては、
   本当は、悪いものが体内にたまっていたから、
   解毒してたのかもしれないけど・・・


  私自身の心の弱さから

   その現象に耐えるだけのものがなかったのかも・・・


  だから私は、あえてこれらの治療が
   間違っているとか、
     やっても治らないなんて事は

      言うつもりもないし

      当然、言っては、いけない事だと思っている。





 今日の私

  今日は、手作り石けんを作っている人の
  ブログを拝見

  なかなか自分にあった石けんと出会えなかったから
  私は、自分の肌の調子に合わせて
  自分好みの石けんを作っているけど

    簡単なようで、手作りって正直大変


 私なんて自分の肌が弱くなかったら作ってないかも?

  手作りも奥が深いなぁ・・・

  
  まだまだ勉強しないといけないですね。


【2006/03/23 22:01 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

回想(短大 卒業後)

 卒業してから

  就職する間もなく、
   主人との出会いがあり
    結婚前提での付き合いが始まる。
 

この頃のアトピーの状態は、
 まだ薬で抑えていたから、よくも悪くもないが、
 手だけは、相変わらずガサガサ・
 
 普通の付き合いの時には考えもしなかったが、
 結婚となると、なんとなくだけど子供への遺伝が気にかかった。
   (でも、このときは実際に妊娠したときほどではなかったけど)

 
  この時期
   以前のブログ(3月6日)にも書いたのですが、

    ある記事が目に入り衝撃をうけた・・・


そして、
  薬で抑えていては、ダメと・・・
              

最近は、解毒に関しても、
  テレビで特集をやったり、
  普通に温泉や、エステでも取り入れられているので気軽にやってみようかな
  と思えるけど

当時はまだ、
  私にはすごく、興味深い反面
  挑戦するには、怖い気持ちが強かった。


でも、
 治るかどうかよりも挑戦してみたいという
 前向きな考えにすぐに変わった。

 
これも、事故にあった時に人の温かさを
 家族以外で教えてくれた友人のお陰かなぁ

 
 それまでの私は、
  人を信じられないのは、アトピーのせいだからとか
  自分の手は、周りの人の手と違うからとか
  どうせ、治らないからとか

何時の間にか、
自分から心を開く必要はないと

 決め込んでいたから・・・




 今日の私
 
 今日は、昨日息子と採りに行ったつくしを
 一緒に料理した。
 
 つくしレシピ(春の一品)
  
  まずは、さっと、あく抜きをして、
  一晩水にさらす

  水気をよくきり、
  さっと炒め、つくしに味付け(砂糖、醤油)

  その中に溶き卵を流しいれ
  2~3回かきまぜる

  出来上がりです。。。  



【2006/03/22 23:33 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

回想(短大時代 その2)

交通事故
 相手が脇見運転で、家族の乗っていた車に衝突してきた。

 そのときの私は、
   10日間、真上をむいたきりの寝たきり状態となった。



    相手が憎くて、憎くてしかたがなかった。


短大も後期が始まっていたが
      いつ学校に戻れるか判らない日々

そんな中、
  短大の友人が、毎日講義をノートにとり
  病院に来てくれていた。 


相手を許す事ができなかった私が
  この友人の姿を見た時
    相手を憎んでいた自分が嫌になった。
 

もし、友達が私みたいになった時、
     私も友達に対してこれ程までに
     親切にできるだろうか?

 
         できないかも・・・

 
私は、幼少の頃から自分がアトピーと言う理由で
 いじめられたり、からかわれたりした事は一度もなかった。

でも、
  どんな治療法を受けてもよくならないので、
  私の方が周りを猜疑心の目で見ていた。


人を信じる事も嫌だった。

 
そんな私に、友人が教えてくれた。

 
   本当に大切なものは、何なのか・・

 
これに気づいてからの私は、事故の相手に対して
 あれだけ憎いと思っていた気持ちが


     嘘のように消えてた。

 
事故にあって痛い目はしたけど、
  その分大切なものが見えた・・・当時でした。。。


その後・・・
  短大も、後期の授業をほとんど受けてないまま
  進級試験に臨んだが、友人のノートのお陰で
  難なく進級でき友人と一緒に卒業できた。




今日の私
 
 <春分の日>
 
 午前中、町内の大掃除

  午後、家族揃ってお墓参り

  夕方、小学3年の息子とつくしを取りに・・・

     菜の花畑をとおり、梅の花も満開
     春を感じながらの散歩
  

  つくしのはかまをとり、あく抜き

  明日は、息子たちとつくしの卵とじを作ります。
  

 
【2006/03/21 21:11 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

回想(短大時代 その1)

 短大に進み、普通の女子大生となる。

 この頃の肌の状態は、手、足の関節部分は指の状態よりはよかった。
 もちろん指のひび割れは、薬で抑えていた。



 短大時代
   高校時代のバンドは、解散
   一年生の前期を無事に終了


後期に入った頃、思いがけないことが起きる。

    交通事故

 それも、命があった事が奇跡とされるほどの事故
 骨折した場所が、首だった。


 病院の先生は、半身不随にならなければいいが、と懸念される日々


  しかし、
   周りの人が驚くほどの回復で、無事に完治

  病院の先生の口からでた言葉

    「神業ですね。この骨がくっついて後遺症も全くないのは・・・」

    「私、半身不随になると思って心配で仕方なかったんですよ」


 それ程のひどさだった事を後になって知らされた私


このつづきは、また明日書きます。
 

 

今日の私


 今日は、主人から花粉症の人の話を聞く。

 その人も両鼻にティシュをつめこみ
 その上からマスクをはめているそうだ。

 鼻水はでるし、鼻はつまるし
 どうにもならないらしい。

 こんな治療法がいいって聞いたよとアドバイスしたらしいが
 どの治療法も信じられないらしい。

 ここにも誰の言葉も信じられなくなっている人がいた
        と、つくづく感じた今日でした。

【2006/03/20 23:12 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

回想(高校生)

高校時代には、ある程度のところまでは完治

しかし、
  それは薬をつけての事

ただ、
  今までの私は何をするのも体がつづかなくて
  周りから見たら横着者のように見られがちなくらい
  学校から帰っても横になっていた。


そんな時、
 友達からバンドを組むから、キーボードを弾いてほしい
と、頼まれた。

人に手を見られるのがいやだった私だったが、
この時ばかりは、やって見たい気持ちの方が強かった。

 高校時代を振り返ると、バンドに熱中してたから

  あまりアトピーの自分に向き合う時間がなかったような・・・

  気にするとずっと気になるから・・・

 




今日の私

 先日、小学校を卒業した長男と一緒に
 要らないものを整理した。

 子供の成長は早いです。
 それに比べて親の成長は・・・


 子供は親の背中を見て育つと聞きますが、
 見てたらついつい、口が先にでてしまい・・・


 自分の過去を回想していたら
 そんな自分が今日は、少し恥ずかしい気分です。


【2006/03/19 21:25 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

回想(中学生)

 中学生になり、小学生の頃よりは、手、足の関節部分が
 ひどくはなかった。

 ただ、
  見た目に、ひどいと思われるのが怖くて、
  常に掻かないように薬をつけていた。


 中学でテニス部に入部 

 だいぶん肌も落ち着いていたから大丈夫と思い入部したが
 間もなく肌の調子が悪くなり、病院に行く。

 紫外線にあたったり、汗をかいて、痒みがでるので、
外でする部活が禁止


 だから、テニス部に入部して球拾いしかできなかった私 


 この頃、従兄弟の結婚式があり写真撮影

 出来上がった写真の私、

         顔が真っ黒
 
 それは、学生が日に焼けた健康的な黒さではなく、
 明らかに、薬を何年もつけていたような

 「肝臓が悪いの」
   って聞かれそうな程の不健康な黒さ


それでも痒みに襲われるくらいならと思い
薬だけは塗り続けていた。





 今日の私

 昨日は、久しぶりの晴天で洗濯日和

 今日は、一日中雨
 こんな日は、洗濯も乾かないし、気分もどんより

 でも、花粉症の人やアレルギーの人にとっては、
   この季節の変わり目に痒みがでたり
   木の芽立のよい時期が辛いってことあるよね。
 


【2006/03/18 17:13 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

回想(小学校・中~高学年)

あいかわらずの症状で、悪化しても良くはならず

この頃からは、病院の薬だけではなく
人から紹介される所は全て母に連れられていった。


どこでも言われた言葉

  大人になれば良くなるから・・・

その言葉を疑うことなく、

  『大人になれば治る』
              と信じていた。


 高学年には、プールも入れなくなった。
   塩素のきついプールに入るとチクチク、ピリピリ
 
   しかも夏の暑さで、汗でも、チクチク、ヒリヒリ


 どちらも辛かったなぁ

 
 3年生の時の担任の先生のお陰で引っ込み思案はなおったが、
 その分、人の目には、敏感だった。

 いつも私のひどい両手を見られているような・・・

    そんな気になっていた


誰かにアトピーの事で何かを言われたわけでもなく
傷つけられたわけではないのに・・・


この感情
  これから完全によくなるまでの間


  どうしても、消えなかった感情




今日の私

 長男が、小学校を卒業しました。

 まだブログには書いてないけど、
本人がまだ小さかったとき、
『アトピーになった僕』という手作りの本を書いた。

 
 卒業式の後、読み直す。
 貼ってある写真に目をやる。
 
   「がんばったね」って思いながら。

 

長男はアトピーだけでなく、喘息もあった。

そこで田舎暮らしに入り、そこで入学


新入生7人だったのが2年生から他の学校と合併
それでも、
      卒業生26人

本当にのびのびと小学校生活を満喫してました。


【2006/03/17 23:09 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

回想(小学生・低学年)

 小学校に入学

そこからは、さらに手・足の関節部分が切れて汁がでていた。

自分が憶えている限り
1・2年生の頃は、周りの子を気にしない性格だった。

でも、
 私には、2人の先生から言われた言葉が今でも
 記憶に残っている。


病院の先生と学校の先生


3年生のある日、
 お腹が痛くて病院にいったら
   「どこも悪くないですよ、精神的なもので一時的に痛くなるんですよ」
   「その時は実際に痛いから嘘ではないですけど」
     と、先生が診察の結果を親に話していた。

又、
 この年の担任が、いつもアトピーの私を気にしておられたが
  家庭訪問に来られたとき
  「引っ込み思案で神経質だから、もっと明るくなれたらいいですね」
と言われていた事


 この2人の先生の言葉から当時の私は、
アトピーを気にしないのではなく、


周りの子と肌の様子が違う事に
気づきはじめた頃だったのではないか?



と考えられる。




今日の私 

  子供達が春休みに入るので、旅行を計画


最近テレビで岩盤浴の事を知ったので
子供達の行きたい所を探しつつ
岩盤浴があるホテルを探してみる。


あった~、
2月にオープンしたばかりのホテルがあった。

早速、予約


福岡なんだけど、試してきます。  




【2006/03/16 18:16 】 |  私のアレルギー  | コメント(2) | トラックバック(0)

回想(幼稚園)

幼稚園に入ってからの記憶は少しだがある。


手・指・腕・足の関節部分が痒く、
  汁が出ていた時は包帯を巻いて通っていた。

春になって、ようやく外で遊べる時期になると、
 いつもポリポリと、
 どこかに手がいき、掻いていた。

しかし、特に自分がアトピーだったからといって
 人と、自分の肌に違いがあるとか 
周りの子の肌はきれいだとかは感じていなかった。

 食べ物もこの時期にはまだ、
今ほど色々な物が身近になかったから
食べ物に規制されたことはないと思う。

 
 この頃の私はまだ、自分がアトピーでも
人の目が全く気にもにならない性格だった。

 



 今日の私

 相談の電話がなった。 

  「皿洗うのお手伝いしたい」と小学3年生の娘にいわれ、
  どうしようかと思ってるんです、と。

  娘さんは、アトピーなので自分が使っている商品では
  刺激が強すぎ、肌にしみるのが心配なのでどうしたらよいかと
  尋ねられる。


 折角の機会なので生活改善の話をしたら、
直接聞いてみたいといわれたので明日会うことにした。 



【2006/03/15 19:59 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

記憶

 五体満足に生まれてきた事に感謝しつつも
 肌を確認

 体に湿疹のようなものはないか確認

 とりあえずは、みあたらない。
 でも、気になる部分が・・・

 目のまわりに微妙だが湿疹のようなものが、
 まあ、まだ生まれたばかりだからわからない。

    自分が物心ついたときにはアトピーだったけど
    生まれてどのくらいたってから出始めたんだろう?
 
  
  子供の顔を見ていて今まで考えたことも
  無いことが知りたくなった。




23年前に私は生まれた。

 生まれたときには、まさかこれ程ひどいアトピーになるとは
 両親も想像できなかったらしい。
 生後2ヶ月ぐらいから足の関節部分から汁がでて
 ジクジクしていたので、包帯をまいていた。
 病院で、薬をだされたからつけていた。

 これぐらいのときから薬を使っていたんだぁ

 つけた時には、調子がいいが効き目も長くは続かなかった。
 この頃から顔だけは、でなかった。
 
 夜鳴きがひどかったらしいが
夜になると痒みがあったからではないかと思われる。
 

 この時期にはまだ、アトピーの子は周りに一人か、二人ぐらいしかいなかったような・・・

 



今日の私
 
 テレビで、最近できたお店の紹介を2件していた。
 2件とも体内にたまっている毒素をだすためのエステだった。

 私が、体内にたまっている毒素をだす治療を
 決断したのが19歳の時だったが、
 あの時期にはまだ周りから不思議がられた。

 でも、
  今では、誰でも気軽にたまった毒素をだす事が
  できるようになった事にびっくり。。。


【2006/03/14 23:01 】 |  長男の出産  | コメント(0) | トラックバック(0)

うまれた

  予定日を過ぎたある日
  朝から腰の辺りに鈍痛が起こり始める。
  昼から診察に出かけるが、「初産だからまだ生まれないよ」
 と言われ、家に帰った。

ところが、家に戻った途端
間隔のない本格的な陣痛がくるなんて・・・

痛みがきたときのために
あらゆる出産についての本を読んで
出産を待ち望んでいた。
ヒッヒッフーって・ヒッヒッフーって

 ところが、痛みと呼吸法のタイミングがあわない
 何故?あれだけ読んだのに・・・
もしかして、この間隔って生まれる?

 慌てて、病院に行く・着いて1分かからず出産

この時、思った


  『人と同じ事やっても自分にあてはまるとは、限らない』


無事に元気な男の子を出産  




今日の私

先日作った石けん

 型に流した石けん生地を今日取り出した。
 なかなかいい感じ。

もう数日そのまま寝かして、乾いたらカット
そのあとまた寝かせる。

寝かせれば寝かすほどいい石けんができる。

自分のためにつくる石けんって最高


今月はあと2回石けん生地つくりをする予定


【2006/03/13 17:21 】 |  長男の出産  | コメント(0) | トラックバック(0)

もしかして、遺伝?

  10ヶ月に入った頃の私

不安
  不安
    不安
     
       でいっぱいだった。

  五体満足に生まれてくれれば
それ以上望むことは何も無いって、思いながら

 ふとした瞬間、考えていた

でも、もし私と同じアトピーだったら?
親になる私の責任って何?
どうしたらいいの?

子供の事を考えるのなら
もっと早くに決断するべきだった

表面的な治療だけでなく、根本的な改善を





今日の私

近所のおばさんは鶏に手作りの飼料を与え、放し飼いにしておられる。
今朝は産みたてを買いに行った。  

この卵なら安心して食べられる。
この卵なら子供たちにも安心して食べさせられる。


【2006/03/12 18:05 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

不安

   普通より小さめだった私の胎児
でも、安定期には順調に育ちすくすくと成長

 と、同時に私の手には、痒みが出始め
無意識にポリポリ
  少しずつ、指にひび割れが増えてきた。
  
 その手を見た瞬間、初めて怖さが私を襲った。
  今まで自分の手だけを心配してれば良かったのに

  もしかして・・・
  生まれてくる子供がアトピーに?


そんなはずはない、と不安を打ち消そうとした。
もともと私の家族、兄弟、親戚にアトピーなんていないのだから




今日の私

ここ数日外に出かけるとマスクをした人が急に多く目に入るようになった。
花粉だ。

約40年前に花粉症が始まったといわれているけど、私が子供の頃には花粉症って
まだ殆ど聞いたことがなかった。

でも今は・・・

私のまわりにもたくさんの人が花粉症で悩んでおられる。
本当の解決策って何だろう?


【2006/03/11 23:13 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

おめでた

 結婚して4ヶ月位経った頃
    私の手に異変がおきていた

さらに、気分がすぐれない日々

   あれ程ひどかった手の指から、キズが消えていた。
   不思議に感じながらも体調が悪かったから病院に行った。

 結果、
  妊娠していた。
  比較的胎児が小さすぎると言われ、安定期までは安静にと指示がある。

  妊娠した喜びと同時に不安

 でも安静にしてれば問題ないか・・・と

  でも、あれだけひどかった手が何故?
(ホルモンのバランスで落ち着く事があると聞く)
  ホルモンのバランスって?
治ったわけでは、ないって事?
  出産したら又、元にもどるの?
  
この時の私は、自分の手がこのままならいいのに・・・
 と、自分の手の事で頭が一杯だった。





今日の私

私自身このブログを始めるまでネットとかパソコンっていうものに少し距離を置いてた。

でも、始めてみると
 「すごい」って思う。

 色んな情報が目に飛び込んでくるから。

改めてネット検索で調べてみた。
「アレルギー」って言葉で。

やはり「すごい」って思った。
関連する情報の量
それをどう見極めるんだろうか・・・


見極める目を養うって「すごい」


【2006/03/10 22:42 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

辛抱

結婚後の生活

  22歳の時に結婚した私。

最後までひどかったのが手だった。
  主婦にとっては、致命傷。
  家事をするのに思うように手が動かない。

ヒリヒリ・チクチク、痛くて痒い。

  そんな手でも、自分が家庭をもった以上、弱音は禁物。
  素手で炊事ができない私にとっての必需品。

     それは、炊事用のゴム手袋。

 指がひび割れ、汁がでている状態の中で、ゴム手袋をはめるから
 後が悲惨。

「確かに今、手袋はずしたのに」って感じの色。  
空気が触れても痛いし、お風呂に入るとチクチク、
上がると乾燥

寝るときには、手袋はめる。
朝になったら、ひび割れが治ってる事を期待して。


でも現実は・・・
 いつの間にか手袋をはずし、無意識のうちにポリポリ
 昨日より更にひどいひび割れに、ボーゼン。


  このような状態の中、自分の痛さ・痒さよりさらなる         試練が私を待ち受けていた。    




今日の私

8歳になる友達の子供からの電話 

「おばちゃん、ちょっときて」

20分後、彼女の家
「おばちゃん、みてみて○○の足を」
「だいぶんかかなくなったよ」
「○○がんばってるでしょ」

って言葉。

明るい笑顔

何かうれしかったな


【2006/03/09 21:14 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

最高と最悪の日

完全に良くなる前に結婚を決断
 

結婚式当日の私

  
その日私は着物を着た為、顔に白粉を塗る。
 当時の私は、首の痒みがひどく、手の指は殆どひび割れていた。

美容師さんから一言
「本当につけてもいいの、半日つけたままだから肌に負担がかかるよ」って・・・
 でも、だからと言って白粉塗らない選択は無理

  それなら我慢するしかなかった。


私にとっての結婚記念日とは、
あの日の痛さと痒さを思い出す特別な日






今日の私

今日Nさんが来られた。
Nさんは私にブログを教えてくれた人

頼りがいのあるNさん、今日はありがとうございました。  







【2006/03/08 22:19 】 |  私のアレルギー  | コメント(1) | トラックバック(0)

きっとある

自分探し

 私自身がアトピーになって20年近くの歳月が流れ
 自分を見つめなおす為の治療法を見つけた。


 本当の自分に出会うために・・・


 そのためには例えようのない痒みに私は耐えた。
 必ずきれいになってみせるって強い意志のもとで
 

自分にとってどんな治療法が一番なのか?
       どれなら続けられるのか?
 それを見つける事が自分を知る事への近道

  一人一人顔や体質が違うように、すぐにきれいになる人
                 時間がかかる人様々だよね。

私が言える事


私自身物心ついた頃からステロイド軟膏に頼ってたから、体内の毒素が出るのに
最低10年以上の時間を費やした。


   苦しみから逃れるよりも苦しみを乗り越えてこそ
   自分が変われる
  
     



今日の私

用事があって役所に行ってきました。 

そこでの出来事
  
応対していただいた男性の方がたばこ臭くて、最後まで集中して話を聞くことができず役所をあとにしました。

役所内は禁煙(正確に言うと喫煙コーナーで吸う形なので分煙になりますけど)でそこまでにおいは気にならないのですが・・・

その男性の髪から、服から、全身からたばこのにおいがしてつらかったなぁ


【2006/03/07 22:15 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

希望

決断後

 腹を決めたら今まで気にもしなかった言葉が雑誌にあった


 「薬に頼ってばかりではなく体質改善をしませんか」


今まで常備薬として無くなると不安だったステロイド剤入りの軟膏を使いながらの生活
そして、ステロイド剤入りの軟膏がない生活を考えられなかった私

そのような生活で自分が普通の肌になる事をあきらめていた私にとってこの記事はショックだった。。。

なぜならば、
  今まで色んな治療法の中で上辺がきれいになればそれでいいという物の考え方の根本が間違っていたと知る。
  私の中から毒素が出ない限り自分の子供にまでこの体質が遺伝するという本当の怖さ

でも、
今まで自分の事だけ考えてたのが、この記事のお陰で考えが変わった。
もう自分が頼る治療法がないとおもっていたけど、この治療法なら良くなる道があると確信


ここからは、並大抵の試練ではなかった
だって、痒くてどうしようもなくても薬を塗ることもできない辛さ

上辺が痒いのなら掻けるけど傷の中のどこが痒いのかわからなくなる程の痒さ

この時、体質改善をするのに中国の長安まで行き帝神病院という所をたずねた。
ここで食物について、自分の体質に合うものと合わないものの講義を受けて勉強したり、気功を習ったりもした。
気功は辛かったなぁ

案外に自分の好物の食品が痒みがある時には食べないほうがよかったり
苦手の食品は食べたほうがよかったり
これも慣れるまでには辛かったけど少しでもよくなればと思えばこそ頑張れたなぁ

アトピーの人と話をするとき大抵でてくる会話 

  何で自分だけがこんなんだろうって
  何で自分だけがこんなに辛いんだろうかって


親の事を悪く言う人もいたけど、アトピーって自分も苦しいけど周りの家族も苦しいんだよね
まして、自分の子供が苦しいんでるのを見る親の方が苦しいって思ってたから逆に私は、早く良い状態の肌を見てほしくて頑張ったっていうのもあったなぁ





今日の私

朝、以前お世話になったことがある中古車の車屋さんが電話をかけて
こられ、「シックカー」って知ってますか?って尋ねられました。
どうも昨日お客様に「シックカー」のことを聞かれ、はっきり答えられなかったみたいで・・・

シックカーって??? 
 シックカーとは、これもシックハウスのように造語で車(車に使用されている材料から揮発される有機化合物)によって引き起こされるシックハウス様の健康障害を引き起こす車という意味です。
 よく昔から「新車のにおい」といいますが、それがVOCs(揮発性有機化合物)のにおいです。



【2006/03/06 20:00 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

決断

当時の私

 全身にかけてアトピー独特の色
 首が痒くて肌もデコボコ
 手から腕にかけての痒み、腫れ、汁
 指も曲がらないくらいにきれていた
 手足の間接部分の痒み、曲がりにくさ

  唯一酷くならなかったのが顔だった
    でも目のまわりは、常にしょぼしょぼ



こんな調子だから使える化粧品もなくて

でも、周りの友達が化粧してるし、紫外線を気にしてUVローションや
日焼け止めなどを塗ってるのを見て自分も一緒になって塗ってみたら
後が大変


いつも思っていたこと

  この化粧品なら私にもあうかなぁ

でもやっぱり使ってみるとすぐに湿疹がでて
あーっやっぱりあわなかった

   後悔 後悔 後悔

常に会う人会う人に一番ひどいアトピーの場所を
見られているような感じ
少しでも目線がまだ一番ましだった顔に目を向けてもらえるように
化粧をすることを考えて、あう化粧品ががないとわかっていても
探してた


年に何回化粧品を買い換えたかなぁ


そのうち、私にあうものはないってあきらめ


そのような中での決断
        (3月4日のブログに書いている決断のこと)





今日の私

今朝から今まで石けんづくりをしてました

今日のはシンプル
材料はオリーブオイル、苛性ソーダ、水でした



【2006/03/05 16:30 】 |  私のアレルギー  | コメント(0) | トラックバック(0)

序章

Self-introduction

私は現在35歳、二児の母

生まれてから19歳まで全身にひどいアトピー。


そういえば、
これやったら治るよっていわれた言葉を信じてつらい治療も
なんでもやったよなぁ

でも結果は・・・


そんなときだったなぁ、
あの出会いは・・・

今までは表面上の悪い状態を抑える治療をしていた。
どうしても表面上はきれいでいたかったから・・・
でもそれは間違いだった。


悪いものを抑えていてはダメ。

体にある毒素は全て出し切ろうって決断
さらに、日常生活を見直しての生活改善も決断

家族と私にとって本当のアトピー治療が始まった





今日の私

天気がいいから
野菜作りのための土づくりでもしようっと・・・








【2006/03/04 10:20 】 |  私のアレルギー  | コメント(1) | トラックバック(0)

きょうもまた

今日も彼女が来た。
子供の状態について聞いてきた。

毎日毎日いっぺんによくなるわけでないのにやっぱり気になるよね。


私もそうだった。
もちろん今でもだけど・・・


以前は彼女も一人でずいぶん悩んでたんだよね。


私もそうだったよなぁ。


彼女や私みたいな人って結構いるんだろうなぁ。



【2006/03/03 21:53 】 |  私のアレルギー  | コメント(1) | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。