◆過去日記ブログまとめ◆

過去日記として書いていたブログを読みやすいように再編集してみました。
以下の目次からご覧ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 |  スポンサー広告

この子まで・・・

 次男が小学1年生になり、身体に湿疹ができました。

日にちがきたら落ち着くものと思っていたのに、日に日に悪化し、

おしりから足の関節にかけては、汁がではじめたので、

先生に診て貰いに行く事にしました。

(この先生は、中国医学の漢方をされています。ステロイド剤は使用
 されません)

 長男も生まれてから10ヶ月まで、治療してもらいました。

 元々私がアトピーだったので、長男に遺伝したと考えられる事から、

 次男を産む前には、私自身が体質改善をしてから次男を妊娠したので

生まれたときには、長男の肌とは、全く違った綺麗な肌でした。

 先生に診てもらい、どうして急にこんなになったのかを尋ねました。
 
「何か、思い当たる事はない?」 と聞かれた時に、

私の心の中にずっと引っかかっていた事を話しました。

産後すぐに、黄疸がひどくて、光線療法をした事。

生後2ヶ月ぐらいから、扁桃腺が腫れるたびに高熱が続く。

熱を下げる為には、ステロイド剤入りの点滴をして

抗生物質を飲んでいた事。     などを・・・

「小学生の低学年で湿疹が急にでたんなら、人間関係で、

疲れがでたり、環境の変化によっても出る事があるから、

ストレス性湿疹、薬害アレルギー両方考えられるね」


と言われました。

言われれば、息子は近所の幼稚園に行かなかった為、

小学生になって友達ができるか不安がっていましたが、

兄がいる事でそれ程私自身は気にしていなかったのです。
 
 本人にとっては、環境の変化に戸惑いがあったのかも知れません。

でも、知らず知らずに身体の中に蓄積されたものが

こんな形ででてくるなんて、思いもよらなかったです。


  

  今日の私

携帯電話に着信履歴が、あったので、掛け直してみました。

電話番号は、知らない番号だったのですが、

近々、かかってくる予定の方がいるので、

その方からと思い込んでいました。
 
私 「もしもし、お電話頂いたんですね。○○ですが・・・」 
相手 「あっ、待ってくださいね。かけた者と
       変わりますから・・・」


と言われ、話し始めて2分ぐらい経った頃
  
私  「もしかして、かけられた相手違います?」
  
相手 「違いました。でも、話が通じてましたよね」

と、お互い見ず知らずの物同士が、

勘違いに気づくまで話し続けてたんですよ。

あり得ない事に、可笑しいやら情けないやら・・・でした。 








スポンサーサイト
【2006/06/06 18:18 】 |  次男の出産後  | コメント(2) | トラックバック(0)

ひとまず安心・・・

次男が2ヶ月の頃、39度の高熱で入院しましたが、

風邪を引いたり、疲れがでたりすると

扁桃腺がはれて、39度の高熱が何日も続くようになりました。

その度に、点滴で炎症を抑え抗生物質を飲みました。



 私自身生まれてすぐに、アトピーになったので、

ステロイド剤をつかい続けましたが、良くはならないままで

長男を産みました。
 
 長男も生まれてすぐに、アトピーになりましたが

長男にはステロイド剤を使わずに治療をしてきました。

 しかし、アトピーが治った後、

小児喘息になったのでこの時はステロイド剤入りの薬を使って

喘息の発作を抑えてきました。

 それに、風邪をひいたり鼻炎になったりした時にも

病院の薬をきちんと飲み、先ずは症状を落ち着かせましたが、

症状が落ち着いてきたら今度は、手や足の関節の辺りから痒みがでて

湿疹が、ではじめるのです。
  
 

 しかし次男は、生まれた時から

私や長男の体質とは全く違い、綺麗な肌をしていましたので、

「体の中に薬を入れ続けて大丈夫なんだろうか? 」 

と言うような心配はしていませんでしたね。

それよりも、1週間以上高熱が続けば脳に影響すると聞いていたので

何とか早く薬が効いて熱が下がる事だけを願っていましたね。

 ところが・・・ 


  

  今日の私

4月から中学生になった長男は、寮生活をしているのですが、

 久しぶりに今日は帰って来ます。
 
4月中は、強制的に週末は帰らされていたのですが、

5月に入ってからは、自分が帰りたい時に帰ればいい事になりました。

4月中は、夜中にメールで、

「あと3日したら帰れる」「あと2日したら帰れる」        

「明日はやっと、帰れる」 と送ってきていたのが、

5月に入ってからは、私の方が

「あと何日したら帰れるね」  と言うと

「今週は、帰らない」   「えっ、そうなの」  

と言う、メールのやりとりに・・・

成長を感じる反面、寂しいなぁって思ってた所に主人や次男から、

「今週兄ちゃん帰るね」  「どうして、分かるの?」

「だって、兄ちゃんが帰って来る日の冷蔵庫は、
 開けたらすぐに分かるよ」
                        
「いつもは、入ってないものが沢山入ってるからね」 
 

        
      
     そう言われてみたら    

         「うん、うん、」

            なっとくする私でした。
  
  
【2006/06/02 20:22 】 |  次男の出産後  | コメント(2) | トラックバック(0)

初めての熱が・・・

 次男を出産して、2ヶ月目に入った頃
  
  39度の熱がでました。

 寒い時期だったので、風邪と診断されたんですが、

 それから1日経っても、2日経っても39度から下がる事がなく

 日に日に、熱が高くなりだしたので、もう一度病院に連れて行き

 レントゲンを撮ると・・・

 「肺炎をおこしかけている」  と言われました。

 大きい病院に移され血液検査をすると、

  出産後、黄疸の数値が通常の倍以上まで上がった時のように、

  「血液中で炎症がおきてて、数値が高すぎる」

 と言われ、急いで点滴をされました。

 数値が下がるまでの間、検査入院する事になりました。

 風邪をひかせたばっかりにこんな事になってしまったんですが・・・

  長男が2ヶ月の頃は、

   とてもひどいアトピーで治療中でしたが、

   風邪をひいた事もなければ、熱もでた事がなかったのに、

   同じ兄弟でも、体質って全く違いますよね。




 今日の私

 今日は、私のブログを読まれた方からメールを頂きました。

 
 長男がアトピーだったので、

 体質改善の為に中国の病院へ連れて行ったんですが、

 その病院へ治療に行かれた方からのメールでした。

 治療の日にちが違ったみたいで、会った事はないんですが・・・
 
  でも、
  
     なんだか懐かしくて、とても嬉しかったです。
            
  
       あれから10年以上も経っているのに
     
           出会いって・・・
   
              ほんとうに不思議・・・ですよね。
     
【2006/06/01 17:03 】 |  次男の出産後  | コメント(2) | トラックバック(0)

あれほど、気になってたのに・・・

  次男を、超スピードで無事に出産した矢先に
 
     「黄疸の数値が通常の倍以上高い」

 と言われ、一時は交換輸血の話まで出ていましたが、

 4日目から、落ち着き始め

 7日目には、無事に退院する事ができました。

 生まれてから同じ部屋にもなれなかったので、

 ゆっくりと顔を見たのが、退院の日でしたね。
  
  次男の出産後には、色んな事があったので、
  
 私の一番気になっていた事は、すっかり忘れていましたね。


次男が生まれる3年前に、長男が生まれたのですが、
  
  長男は生まれてすぐに、目元の辺りに湿疹ができ

 3ヶ月検診では、

 小児科の先生からも、「とてもひどいアトピー」

 だと言われましたね。

しかし、解毒治療という方法で、ステロイド剤を使用せずに

 体質改善を行い、10ヶ月の頃には、綺麗な肌になりました。
  
「二人目が欲しいのなら、夫婦が体質改善してから産まないと

      又、アトピーの体質が遺伝するよ」

 
 と言われた事から体質改善をして、二人目を妊娠しました。

 生まれるまで心配していたんですが、

 産後の息子の容態の方に気がいってたので

 アトピーの事は頭から消えていましたね。

 家に帰って初めて知ったこと・・・

   赤ちゃんの肌って、

       ぽっちゃりとして、

         こんなにやわらか、なんだって
       




今日の私
 
 山口県下関市の方が書かれたブログを訪問したら、

 瓦そばの作り方が写真付きで載ってたんですよ。

 お店では、本当の瓦の上に日本そばが載ってるそうですが、

家で作るときは、
 
 ① ホットプレートにそばをのせて焼く

 ② 具を、そばの上にのせる

 ③ そばつゆをつけて食べる   
      
  具・・・牛肉を甘からく炒める。すきやきのような味付け
      錦糸卵・ねぎ・のり等。
  
      好きなものをのせていいと思うのですが・・・          
              
               こんな感じで、できるみたいですよ。
    
   
     今日は、このメニューにチャレンジしてみますね

【2006/05/31 17:05 】 |  次男の出産後  | コメント(2) | トラックバック(0)

奇跡?

次男を出産してから2日目の朝

黄疸の数値が、通常の倍以上高いと言われ

すぐ別の病院に移されました。

2・3日、光線療法をして数値が下がらなければ交換輸血の覚悟を・・・

でも、覚悟なんて決まらないまま日にちが過ぎて

4日目の朝の事

 「黄疸の数値が、光線療法だけで下がったよ」
    
 「あれだけ高かったのにだよ」
 
 「普通は、徐々に高くなって徐々に低くなるもんなんだけど・・・」
 
 「この子はいっきに高くなって、そのままいっきに低くなったねぇ」

 「病院では、今日にでも交換輸血を考えてたんだけどねぇ」

 「とにかく交換輸血はやめて、このまま光線療法だけで

  黄疸が落ち着くのを待とう」
 と言う事になりました。

先生からは

「分からないねぇ。いくら考えても分からない」
 
「これを、神業と言うんだろうねぇ」

と何度も言われた事を、今でもはっきりと憶えてますね。

 この快復力の凄さには、さすがに驚きましたが、

  それ以上に感謝の気持ちでいっぱいでしたね。




今日の私

今日は友達が、生後6ヶ月の赤ちゃんを連れて遊びにきてくれました。

友達の子供も、私の長男と同じように生まれた時からアトピーです。

でも、長男がアトピーの時に解毒治療法で完治したのをみているので

友達も薬をつけずに、解毒させる覚悟です。

生後3ヶ月の頃を、みているんですが、

あの時のひどさはなく、頬が少し赤い程度までになり

頭からは、汁も止まり綺麗な地肌がでていました。

解毒途中は辛いですが、乗り切った後の喜びは大きいですから

頑張って乗り切って欲しいと思っています。

子供の事になると

どこからそんな力がでてくるの?って、

思えるぐらいの力持ってますからね。
    
       母親は・・・
【2006/05/30 20:35 】 |  次男の出産後  | コメント(4) | トラックバック(0)

プロフィール

ozami

Author:ozami

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。